ちょっと変わったカニ料理をお正月に!タラバガニの酔っぱらい煮



生のタラバガニでお正月ちょっと変わったカニ料理に挑戦してみませんか?
このタラバガニの酔っぱらい煮は英語で「Drunken Alaskan King Crab Legs」というメニュー。ビールで煮るのでそう呼ばれています。

あっさりとボイルしただけのタラバガニ脚も、もちろんとっても美味しいのですが、ちょっと目先を変えた新しいメニューでもてなすのも、テーブルが盛り上がって楽しいですよ!

たった10分で出来るので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪


【材料】

・ビール 3缶
・レモン3個 半分にしておく
・にんにく1かけ 半分に切る
・タラバガニ脚 1.5kg~2kg 食べやすい長さに切る
・溶かしバター(出来上がりに添えるもの)
・オールド・ベイ・シーズニング 小さじ1(なくてもOK)

オールドベイシーズニングがあるとより本格的になります。
Amazonで購入できます。

McCormickオールドベイ ・ シーズニング



【作り方】
1)蒸し器のついた大きな鍋(または蒸し皿を敷く)にビールとにんにくとレモン、あればオールド・ベイ・シーズニングを入れ沸騰させる。
2)生のタラバガニ脚を入れ、ふたをして5分蒸す。
3)アツアツをお皿に盛り付け、溶かしバターを添える。

お正月なのでパセリやレモンの輪切りを添えて、色鮮やかに盛り付けましょう!一味ちがったカニ料理にお客さんもきっと大喜びですよ~♪