ヒラツメガニ(丸ガニ)

ヒラツメガニ(丸ガニ)ってどんなカニ?食べ方やおいしいレシピ

ヒラツメガニ 丸ガニ 袋に入っているところ

近所の魚屋で見かけたヒラツメガニ。見たことのないカニだったのでさっそく購入し、料理して食べてみました。

6杯入りで390円とかなりお買い得くだったので味は期待していなかったのですが、このカ二のおいしいこと!小ぶりで殻が柔らかいので丸ごと揚げたりパスタにしたり、すっかりヒラツメガ二のファンになりました。

ヒラツメガニ(丸ガニ)はこんなカニ

ヒラヅメカニ 丸ガ二 丸蟹

ヒラツメガニは別名「丸ガニ」と呼ばれているワタリガニ科のカニ。遊泳脚(ヒレ脚)が付いているため英名は「Swimming clab(泳ぐカニ)」。

甲羅にHの文字がよみとれるため「エッチガニ」または「スケベガニ」なんて呼ばれ方もしているそうです。

裏はこんな感じ。

ヒラヅメカニ 丸ガ二 丸蟹

ヒラツメガニは各地方で呼び名がちがっており、北海道や宮城県では「ヘラガニ」と呼ぶ地域もあります。

青森県の八戸市、おいらせ町では「ヒラガニ」、愛知県蒲郡では「ホウボウガニ」、はたまた千葉県の九十九里町では「ホンダ」「 ホンダガニ」、福島県内では「アカガニ」と呼ばれているとか。さらには山形県庄内地方では「シロガニ」と呼ばれるそう。

各地域で食べられているカニだということが分かります。

小さくても身入りたっぷりのヒラツメガニ

サイズは小さめで甲羅の幅は10㎝ほど。小さいので足にはほとんど身はありません。爪と胴体にはこんな感じで入っています。

ヒラツメガニ 丸ガニ 身入り

ヒラヅメカニ 丸ガ二 丸蟹 トマトパスタ

甲羅もカラもそんなに固くなく手で割れるくらいです。でも鋭いトゲがあるので捌くときは手を刺したり、切ったりしないよう注意が必要。

ヒラヅメカニ 丸ガ二 丸蟹

甲羅をあけるとぶしゃーっと水分とミソが流れ出てきます。せっかくのミソが流れ出てはもったいないので、甲羅はお皿の上であけた方がいいです。

味はクセはなく、身はやわらかめ、カニみそが濃くて料理にピッタリ。

今回4種類のメニューを作ってみましたが、今までこのカニを知らなかったことが悔やました。

格安でたのしめるお手軽カニです。

ヒラヅメガニは通販で買える?

ヒラヅメカニ 丸ガ二 丸蟹

ヒラヅメガニはボイルが楽天市場で青森県産が売られています。
>>送料無料 青森県産 ヒラツメガニの浜茹で(ボイル) 1.5kg

また旬の春ごろになると以下の食品通販でたまに出品されているようです。

https://www.849shop.com/products/detail.php?product_id=58

http://www.hachinohe-sakashita.com/?pid=110727575

https://sanchokumaruuo.ocnk.net/product/149

ヒラツメガニは出回っている地域でシーズン中に売られているのを買うのが定番のようです。

おいしくてお手頃なカニなのでスーパーで運よく出会ったらぜひ食べてみてくださいね。

年末年始・お正月には自宅でカニの食べ放題!!

かに本舗

このカニをくわしく見る

© 2022 訳ありタラバガニ激安通販情報